アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE

ワイトモ鍾乳洞、グロウワーム鍾乳洞

ニュージーランドの北島の指折りの観光スポットにワイトモ鍾乳洞があります。オークランドの南約200メートルに位置します。

ワイトモ鍾乳洞というのは、アラヌイ鍾乳洞やグロウワーム鍾乳洞といった、幾つかある鍾乳洞の総称です。鍾乳洞のほか、鍾乳洞博物館がありますし、そのほかにもロストワールドやラフティングなどの体験ができます。

各鍾乳洞はそれぞれに個性があり、グロウワーム鍾乳洞は、土蛍の幼虫が生息することで知られていますし、アラヌイ鍾乳洞は、見事な鍾乳石が圧巻です。

グロウワーム鍾乳洞
土蛍が暗闇のなかで幻想的な光を発する姿が感動的な鍾乳洞です。見学は、1時間おきに出発するガイドにしたがって行います。まずは徒歩で急斜面を下っていき、そのあとボートに乗ってさらに下ります。
徒歩で急斜面を下っていくと、カテドラルマイックと呼ばれる大広間に出ます。ここからさらに階段を下っていくと、鍾乳洞で最も深い場所に出、ここからは流れる川をボートで下り、目的の土蛍の幼虫へと向かいます。ここからは写真撮影、フラッシュ、および大きな声での会話は禁止です。土蛍の幼虫はとってもデリケートなのです!物音や光などを感じると、光をとめてしまいます。
ひっそりとボートで進んでいくと、やがて土蛍の幼虫が放つ青白光が天井いっぱいに広がる、幻想的な光景を目の当たりにします。土蛍の幼虫が垂らす粘液状の糸が怪しく光るさまはなんとも神秘的です。ツアーは所要時間45分です。グロウワーム鍾乳洞の入場料はニュージーランドドル(NZ$)17.5です。



Posted by kyoko at 17:59