アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE
インフォメーション

マオリ文化

ニュージーランドは、太古の昔、ジャングルに覆われた無人島でした。現在では絶滅してしまったといわれる、巨鳥「モア」が生息していたのです。

その後、最初にこの島に入植したのが「マオリ」と呼ばれる、ポリネシア系の人たちでした。彼らがニュージーランドの北島の最初に到着したのは、9世紀ごろだったといわれます。カヌーに乗って到着した彼らは、海沿いに小さな集落を作って住むようになりました。大きな動物が少ないニュージーランドで、唯一ともいえた巨鳥、モア、をはじめ、アザラシやオットセイを狩猟すると共に、サツマイモなどの栽培をしていたといいます。彼らは「モアを食べる人たち」と呼ばれ・・・とうとうモアを食い尽くし・・・彼らとて生きるために仕方がなかったとはいえ・・・モアを絶滅にまで追い込んだのです。

その後、13~16世紀にかけて、彼らは各部族間で戦いをするようになりました。そして、「パ」と呼ばれる砦集落を形成し、マオリ文化の原型ともいえる独自の文化を築いたのです。

しかし、1642年にオランダ人(エイベル・タスマン)が、ヨーロッパ人としてはじめてこの島を発見し、北島のマオリの人たちの生活は近代化のなかで、追い詰められていくことになったのです。

現在、ニュージーランド政府には、マオリ省があり、議会にもマオリの議員枠4名が確保されています。小中学校ではマオリ語の授業も行われています。ニュージーランドにおいてマオリの文化は、ニュージーランド文化を構成する重要な一端として、受け止められています。



Posted by kyoko at 17:59