アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE
インフォメーション

ペンギン、オットセイ、鯨

ュージーランドは、ほかの大陸や島から孤絶して存在してきたという特殊な地理条件から、この土地固有の種が発達しました。現在では絶滅してしまったといわれる、巨鳥「モア」もそのひとつです。

キウイ(果物のほうではありません!)やウエカといった、飛べない鳥が多いのもニュージーランドの特徴です。なかでも特に有名なのが、日本でもお馴染みのペンギンです。ニュージーランドには、10種類のペンギンが生息しています。南島には、このペンギンが自然に生息する地が幾つかあるのです。

特に人気は、キンメペンギンです。名前の通り、黄色の目をもつペンギンです。キンメペンギンの自然の生息地である、ダニーデン近郊のオタゴ半島へは、ダニーデンから日帰り観光ツアーも出ています。

ペンギン以外にも、オットセイや鯨もニュージーランドには生息しています。

オットセイは、かつてと比べるとかなり数が減ってしまいました。ピクトンとクライストチャーチの中間にあるカイコウラという小さな港街では、ホエール・ウォッチング・ツアーを行っています。この港町の沖合いでは暖流と寒流がぶつかりあうことから、さまざまな海洋生物が集まってくるのです。そしてそれらを目当てにマッコウクジラが集まってくるというわけです。

このツアーでは、もちろん鯨を見るのが目的ですが、イルカが群遊する姿もみることができますし、帰りがてらオットセイの自然生息地近くへもよってくれます。意外と簡単に、自然の海獣たちの姿をみることができるのにはびっくりします。



Posted by kyoko at 17:59